どのようにして使うのか

>

便利な機器をうまく活用しよう

なぜスマホを使って学習するのか

スマホがあれば、簡単に何でも調べることができます。
授業中でも、先生の説明を聞いてわからないことがあれば答えを探せます。
後で先生に聞こうと思っても、質問することを忘れるかもしれません。
疑問が残っている状態では、テストで出題されても対応できないので困ります。
疑問を感じたらすぐ調べるということを子供に教えるため、授業でスマホを使っています。

また他人に聞くより、自分で調べて解決した方が考える力を伸ばせます。
授業をより正確に理解するためには、どうしてその答えになるのか考えなければいけません。
考える力が不足していると、授業内容を理解するまでに時間が掛かります。
どんどん調べさせて、子供の考える力を育てましょう。

先生の説明をじっくり聞ける

板書する時間を短縮できるので、スマホを使うことが好まれています。
黒板に書いてあることを全てノートに写さなくても良いので、説明にじっくり耳を傾けることができるでしょう。
板書することは大切ですが、そればかりに集中してしまう人が見られます。
先生が重要なポイントを喋ったのに、気づかないかもしれません。
すると先生も、説明が無駄になるでしょう。

効率良く勉強するため、授業ではノートをあまり使わない学校も存在します。
授業中はしっかり説明を聞くことに集中して、後で自分の言葉でノートをまとめるという方法が推奨されています。
先生の説明をよく聞いて、さらにわかりやすく自分の言葉でまとめることで新しい知識を身に付けることができます。


この記事をシェアする