どのようにして使うのか

自分で調べる学習ができる

授業でスマホを使うことで、わからないことをすぐに調べられます。
説明を聞いただけでは、理解できないことがあるでしょう。
そのままにしておくと、ずっとわからないままになってしまいます。
次の授業に進んだ時に理解できなくて困るので、必ずその日のうちに疑問を解決しなければいけません。
スマホを使えば、すぐに答えがわかります。
授業内容を理解できるので、勉強が効率良く進むでしょう。
また、黒板に書いてあることを板書する手間も省けます。

スマホがあれば、ゲーム感覚で勉強ができます。
参考書があっても、勉強が苦手な子供はなかなか進めることができません。
ずっと遊んでばかりになって、成績が下がってしまいます。
ですがスマホは、勉強できるゲームアプリがあります。
ゲームをしながら勉強ができるので、自然と成績が良くなるでしょう。
そのため、スマホを使いながら勉強することを推奨している学校が多く見られます。

電子機器の扱いになれるという面も、スマホを授業で使うメリットです。
今は、スマホやパソコンなどを使って仕事を進めることが主流になっています。
それらの電子機器をうまく扱えないと、将来社会に出てから困ります。
社会に出て役立つ人間になれるよう、小さい頃から電子機器の扱いを把握しなければいけません。
授業でいつも使っていれば、使い方を覚えることができるでしょう。
知識を持っていても、電子機器を使えないなら仕事を任せられないので、就職できません。